1年2012/06/17 23:47

渡欧した竜の春姫号・Haruちゃんが、実家の四国を発ち、我が家へ来た日から、1年が経ちました。
早いものです!

渡欧したのは1ヶ月後の7月ですが、彼女も、この1年で色々な事を経験しました。

親元から離れ、飛行機に乗り、東京に来たと思ったらなにやら怪しげな家に置かれ、おじちゃんと遊び、獣医さんへ行き、チップを入れ、注射をし、検疫に行き…。

と、思ったら、夜中に飛行機に乗せられ今度は13時間、着いた所は欧州!そして出会ったイケメンくん(弥生の紅竜号・Chibiちゃん)が婿となり、楽しく生活、晴れて1月には4頭の母となり、子育てをし…。

その後も彼女は多くの経験をし、秀才ぶりを発揮している様子です。


ところで、しばらく前に「犬も英語を話すか?」という広告を見たように思います。

話すと思います。

Haruちゃんが先輩犬Chibiちゃんに会った時、日本語で話しかけたと思います。会った時の様子を聞くと、Chibiちゃんは、彼女があまりに元気が良い事にも驚いたようですが、久しぶりに日本語を聞いて、驚いたのではないでしょうか。
「あれっなんだコイツ日本語しゃべってる!」

その後は、Chibiちゃんからフランス語等を教わったのだろうな、と想像、今はフランス語で生活しているのでしょう。
そして子犬たちは、仏語育ち!

・・・・・

もうひとつ、犬も外国語を喋ると感じたエピソードを。

別のお宅のお話です。

日本生まれの子犬が、渡米しました。
その子が、実家に帰ってきた時の事です。

実家には同胎犬タムちゃんがいるのですが、一緒に庭に放した時のことです。
米国住まいの子がタムちゃんに話しかけた時、タムちゃんが
「えっ?何言ってるの?」と、とても驚いた表情をしました。
すると、一時帰国中の姉妹は
「あぁ、ここは日本だったわ、日本語にしなくちゃ」
と、話し方を変えたようで、その後は
「あぁ、それなら分かるわ、何言ってるのかと思ったわよびっくりしたっ」
と、仲良くしていました。

米国では、まわりの犬とは当然、犬の英語で話しているでしょうから、英語脳での帰国だったのでしょう。

英語で話しかけられた時の、タムちゃんの驚いた顔が忘れられません。
この時以来、私は「犬も外国語を話す!」(或いは現地語を使っている)と、思っています!

血統書、渡欧へ2012/05/18 23:52

ベルギーのChibi & Haru夫妻の子犬4頭の血統書ですが、このたび諸事ようやく完了、確実な方法で先方へ発送してくださる方へお渡ししました。

血統書自体はしばらく前に出来ていたので、簡単にしてしまえば、そのままお渡ししてしまうところですが、それでは受け取った方々にとっては「字も分からないが、犬についてきた紙である」となってしまう可能性も大きいと思いましたので、いくつかのことを追加で(独自に)行っておりました。

1つは、譲渡先が新たに決まった子がいるので、血統書への譲渡先の記入と犬籍簿への記入確認。こちらはほぼ通常の手続の範囲内でした。

血統書と共にお渡ししたかったのは、血統書の英訳です。
血統書を少しでも理解して頂けるようにしたいと思い、漢字ばかりの血統書の英訳が、少し手間取りました。
どのように書くとわかって頂きやすいか、、。若干試行錯誤した、というところでしょうか。

血統書をコピーし、各犬の欄の名前の上にローマ字でfuriganaふりがなをふりました。玄祖父母の欄は細くて書き込めませんでしたので、それとは別に、血統書と同じ枠を作り、それぞれに犬の名前をローマ字で記入した書類を作成。紙の大きさも同じにしました。
少しは見やすくなったかなと思います。

犬の名前によく使われている漢字に関しては、例えば「竜」「琉」「春」「姫」などなど、の、英訳したものを作りました。名前の由来や意味を少しでも感じて頂けたらと思います。

そんなことをしているうちに少し日数がかかってしまいましたが、お渡しできて一安心。
あとは、無事に飼い主さんのお手元に届くことを願っているところです。

再び渡欧2012/03/16 22:30

更新が滞り申し訳ございません。

柴保会報第143号は御覧頂けましたでしょうか。

会報の最後に、昨夏渡欧したHaruちゃんの出産のことを少し記しました。

本日、web管理人は再び渡欧し、Haruちゃん宅を週末に訪問予定です。

Haruちゃんの渡欧は7月の暑い時期で、空港敷地内の移動(貨物として飛行機に乗るまで)が心配だったこともあり、成田ではなく羽田発の深夜便にしました。
今日は成田発11時だったのですが、この便にしなくてよかった、とあらためて思いました。

成田は広いですし、炎天下に成田まで行くのも大変、行ってからも大変、、。

それはさておき
さて、Haru-mamaはどんな子育てをしているでしょうか。
Chibi-papaはどんなお父さんになっているでしょうか。

報告を待ちたい思います。

Haru,おめでた…!2012/01/11 22:15

昨日、Princess Haruのお宅からcardが届きました。

Princess HaruはChibi-chanと“too well”だそうで、

な、なんと

「ご懐妊」の様子…!!!

「Inu-babies it seems for soon」と書いてくださっております。

おぉぉ〜…!

…柴保の公式ブログだというのに私的感情満載となっておりますが…

なんとおめでたいことでしょう!
そして、子犬だったPrincess Haruが、母になる日も近そうという…!

はっきりしたことは分かりませんが、近いうちに生まれるとすると、
Princess Haruは3月生まれですから、1歳少し前で母になるわけです。
我が家で最初に飼った柴保の犬は、1歳と2週間で初めての子犬を産みましたし、
1歳前後で母になる犬は珍しくありません。
犬の成長速度からいえば全く不思議はないのですが、私の中の
彼女のイメージが、まだ子犬なのでしょう、なんとも不思議な気分です。

…が!!
とても楽しみです!

Princess Haruのご実家の方はもちろん、
Chibi-chanのご実家の方も、喜ばれることでしょう!


と、いうことで
昨日は、ちょうど購入してあった「ベルギーチョコレート」を
お昼のお菓子にし、夜は、先日お隣のお姉様から頂戴した
Paris土産のクッキーで「勝手に内心お祝い」したのでした!

「街歩き」で2012/01/10 00:20

NHK-BSプレミアムの「世界ふれあい 街歩き」、
昨夜の放送は「ルクセンブルク」でした…!
しかも再放送で、本放送は昨年の12月1日だったようです。

昨夜も、気がついた時には既に放送開始15分が経過しており、
急いで録画しましたが…。

彼女たち(Haru-Yayoi&Chibi)が将来、Luxembourgへ行くことになるか
どうかは分かりませんが、やはりどのような場所なのか、気になります。

せっかく少し垣間見られる機会だったのに…!

ということで、「再放送ウオッチ!」に登録しました。
“お知らせメール”を見のがさないようにして、今度こそは最初から見ます!